大内宿 | 秋 | 観光・史跡めぐり:福島・裏磐梯 ペットと泊まれる宿 プチホテル・フットルース

<秋:観光・史跡めぐり>大内宿

江戸時代、会津若松と日光今市を結ぶ「会津西街道」の宿場町であった大内宿。
いまでも江戸の雰囲気、万点ですよ。

大内宿(おおうちじゅく)

江戸時代の街道の宿場町が今でも...約40軒の茅葺き屋根の建物が建て並び、江戸の面影を今に残す大内宿。

この大内宿は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。


大内宿もワンちゃんと一緒に楽しめます。

フットルースからの帰り道、ちょっと足をのばして、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

食べるところやおみやげもこれらの建物を利用して、お蕎麦や郷土料理を楽しめる食事処や宿、特産品やお土産を販売するお店などが営業しています。

当時の風習や文化を学べる博物館もありますよ。

当館から大内宿への行きかた ◇ 車で...磐越自動車道、会津若松ICから国道49号、118号を経て約35km
宿場内は車両進入禁止。大内宿有料駐車場をご利用下さい。)

大内宿のクチコミ情報!
大内宿のおすすめ情報や楽しい思い出を教えてください! 写真も大歓迎です!
  さま 
>>>
みなさんからのクチコミ情報... 
喜多方ラーメンを食べた後、大内宿の葱そばが食べたくなり、立ち寄りました。平日の午後なのに大変混んでいました。おそば屋さんでは、外にテーブル席もあるので、ペット連れでも大丈夫なところもたくさんありますよ。葱をお箸がわりに食べるおそばはとってもおいしかったです。葱が辛いので注意したほうがいいですよ。
みゆーちゃんもおそばに、きなこ餅も食べました。

みゆーままさまからの10月のクチコミ情報
朝イチで出かけたにもかかわらずガッツリ渋滞でトホホでした。Uターン路もないので、行くのに一種の覚悟が必要かもしれません。ちなみに、GWには行ってはいけません、と思います( -.-) =з 国道折れてすぐから駐車場まで大渋滞で、途中で諦めて歩いているヒトがたくさんいらっしゃいました。おまけに酔っぱらいじじいに絡まれて最悪ヾ(`⌒´メ)ノ″
日陰がほとんどないので、日よけのTシャツを着せてあげるとイイと思います。
今度はゆっくり時間に余裕を持って行ってみたい場所です。

TARONGAままさまからの5月のクチコミ情報
わん子大歓迎のお蕎麦屋さん 玉川屋0241-68-2930 HPも有ります。少し前でも予約を入れて行くと、何か1品サービスが有るんです。ワン子には おやつとお水のサービス!屋根と囲いの有るテーブル席が有りました。今回はそちらがいっぱいだったので 何と店内に入れて頂けました。囲炉裏の暖かいテーブル席でしたよ。鳥居が目印です!まずはお電話を!!
ベルままさまからの5月のクチコミ情報
みなさまの投稿もお待ちしております
お客さまのトラックバック!
このページへのトラックバックURL
 トラックバックってなに? トラックバックってな〜に?
いただいたトラックバック
  • 裏磐梯1日目 【大内宿】(Spice memo!)
    • 大内宿は、かつての宿場町。 今も、街道沿いに茅葺民家が立ち並んでいます。 風情があって、ゆったりとした時間がながれているような印象です。 ■いで湯と渓谷の里 会津下郷町 コチラ 軒先では、この土地の特産物や、お土産物などが売られています。 お蕎麦やさんあり、お団子やさんあり、一軒一軒見て歩きたくなります。 昔ながらの建物、雰囲気、すべてが素敵なところでした。 “お茶飲まんしょ〜”って、気軽に声をかけてくれるおばさんたちにもほんわか。 大内宿の名物は、“葱そば”ですってョ! [:びっくり:] 大内宿←何て読むか知ってた!?? “おおうちやど”かと思ってたわぅ。“おおうちじゅく”ですョ。はじめて知った。プ。 塔のへつりも、大内宿も観光客で混みはじめる前に遊びに来ました。 ワンと一緒に散策するなら、午前中早めがいいと思いますョ。 ちなみに、車は専用駐車場へ。一日300円です。 大内宿は、古きよきニッポンって感じ!
みなさまのトラックバックもお待ちしております
サイトの利用について | プライバシーポリシー
プチホテル フットルース
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村裏磐梯秋元湖入口
TEL: 0241-32-2828 Mail: owner@footloose-info.com